浅井 正(ASAI Tadashi)

弁護士。元愛知大学法科大学院長、同教授、専門は刑事訴訟法、特許法、中国法。
1968年、金沢大学卒業。1993年、愛知大学大学院法学研究科修士課程修了。博士(中国研究)。
名古屋市立大学(2000年)、愛知県立大学(2002)で教鞭を執り、2004年より現職に至る。

著書

・2001年 共著『新接見交通権の現代的課題』,日本評論社
・1997年 共著『知的財産法の実務と研究』,六法出版社
・1992年 共著『接見交通権の現代的課題』,日本評論社

論文

・2011年 「現代中国の律師(弁護士)像」,『中国訴訟社会史の研究』京都大学学術出版会
・2007年 「中国特許法における余事記載救済原則の出現とその帰趨」,『愛知大学法学部 法経論集』174号 愛知大学出版会
・1998年 「中国弁護士法制の特色と課題」,『比較法研究』59号 比較法学会 有斐閣
・1997年 「中国の新弁護士法と今後の課題」,『法律時報』69巻3号 日本評論社
・1993年 「中国の弁護士―その特色と課題(一)~(五)」,『中国研究月報』(社)中国研究所

学会等報告(講演等含む)

・2004年3月 「中国特許法における余事記載救済原則の出現とその帰趨」,名古屋弁護士会主催・中国など海外進出企業等の法律問題セミナー
・1997年6月 「中国弁護士法制の特色と課題」,比較法学会
・1996年10月 「最近の中国の弁護士事情について」,日本日中関係史学会
・1996年7月 「日本の弁護士制度及び司法制度の歴史」,日中青年弁護士交流大会

研究プロジェクト

人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究(愛知大学拠点構成員)

所属学会

現代中国法研究会
日本日中関係学会(現在評議員)
東海日中関係学会(現在理事)
日中法律家交流協会(現在常務理事)
比較法学会
中国経営管理学会
国際人権法学会
著作権法学会
日本司法福祉学会
臨床法学教育学会
財団法人日本刑事政策研究会