川井 伸一(KAWAI Shinichi)

愛知大学学長・理事長、経営学部教授。専門は、経営比較論、中国企業論、東京大学社会学研究科国際関係論博士課程を単位修了。(財)日本国際問題研究所研究員、在中国日本国大使館専門調査員、愛知大学経営学部助教授を経て1995年4月より現職。2009年4月より同経営学部長、2011年11月より同大学副学長(経営担当)。

著書

・2013年  『中国多国籍企業の海外経営 東アジアの製造業を中心に』,川井 伸一 (担当:編者) 日本評論社
・2012年 『 現代中国変動與東亜新格局 』田中仁・江沛・許育銘主編 (担当:共著, 範囲:「中国公司控制的歴史性検討」508~520頁)社会科学文献出版社
・2011年 『中国多国籍企業論のフロンティア』(課題番号20402033)2008~2010年度科研費補助金(基盤研究B2)研究成果論文集 研究代表 川井伸一 (担当:編者)
・2008年  『New Challenges and Perspectives of Modern Chinese Studies (編者) Universal Academy Press
・2007年  『中国経済国際化のインターフェイスと制度革新に関する国際調査』(課題番号16252006)平成16~18年度科研費補助金(基盤研究A(2))研究成果報告書研究代表 川井伸一 (担当:編者)
・2003年 『中国上場企業-内部者支配のガバナンス』,創土社
・1998年 『中国私営企業と経営-概説と資料』,愛知大学経営総合科学研究所
・1996年 『中国企業改革の研究--国家・企業・従業員の関係』,中央経済社
・1994年 『中国経営・経済関係資料集1949〜1992』,愛知大学経営総合科学研究所
・1991年 『中国企業とソ連モデル 一長制の史的研究』,アジア政経学会現代中国研究叢書
・1989年  小林弘二監訳『チェン・ビレッジ』アニタ・チャン、ジョナサン・アンガー、リチャード・マドセン (担当:共訳)筑摩書房
・1989年 『中国の対外認識と対外開放政策の展開』,外務省委託研究報告書 日本国際問題研究所

論文

・2014年 「中国公司的歴史性格―基于法人的二重性観点」,日本人間文化研究機構現代中国区域研究項目編『当代日本中国研究』第3輯経済・環境、社会科学文献出版社 8-28頁
・2013年 「日中歴史の変わり目を展望する 日中関係再考」,勁草書房 天児慧編 pp.238-241,248-249,254-256
2012年 「中国公司控制的歴史的検討」,田中仁等主編『現代中国変動与東亜新格局」 pp.508-520
・2011年 「中国企業の対外進出と東南アジア」, 『地域研究コンソーシアム共同企画研究シンポジウム報告書 ASEAN・中国19億人市場の誕生とその衝撃』地域研究コンソーシアム(JCAS)28-36
・2011年 「中国製造業企業の海外ビジネス携帯の諸類型」,『中国多国籍企業論のフロンティアー日中企業との比較を中心にー』2008~2010年度科研費補助金(基盤研究B、課題番号20402033)研究成果論文集 39-50
・2010年 「中国における会社支配の歴史的検討」,中兼和津次編『歴史的視野からみた現代中国経済』ミネルヴァ書房 183-210
・2010年 「中国企業の海外経営の実態- 東南アジアの現地メーカー企業の事例から」,JC-ECONOMIC JOURNAL(日中経協ジャーナル)2010(4) 8-11
・2010年 「タイにおける中国家電企業-企業間関係の比較的視点から」,愛知大学ICCS『現代中国学(電子ジャーナル)』(創刊号)
・2009年 「中国における会社支配の歴史的検討」,大阪大学中国文化フォーラム・デスカッションペーパー (2009-6) 1-14
・2009年 「中国公司的历史性格― 从法人的二重性观点来看」,日本当代中国研究 95-109
・2009年 「M&A以降のレノボの国際経営-サプライチェーンの構築と事業の改善」,愛知経営論集 (159) 1-26
・2008年 「中国企業の海外進出と現地経営-アンケート調査結果に基づく業種別分析」,愛知経営論集 (157) 1-24
・2008年 「中国の会社の歴史的性格:法人の二重性の視点から」,中国経済研究 5(1) 5-18
・2008年 Chinese Corporations and Their Strategies of International Competition- A Comparative Analysis of Haier and Lenovo New Challenges and Perspectives of Modern Chinese Studies, Universal Academy Press 211-230
・2008年 「中国企業の国際競争戦略- ハイアールとレノボの比較分析」高橋五郎編『海外進出する中国経済』日本評論社 164-183
・2008年 「中国企業の海外進出と海外経営- 商務部国際貿易経済合作研究院化国籍企業研究センター王志楽主任からのヒアリング記録」,『経営総合科学』 愛知大学経営総合科学研究所 (90) 65-100
・2008年 「中国企業の海外進出と現地経営-アンケート調査結果に基づく業種別分析」,『愛知経営論集』愛知大学経営学会 (157) 1-25
・2007年 「中国経済の台頭と東アジア経済との関係変化」,『アジア経営研究』(13) 27-38
・2007年 「レノボの国際M&Aと経営改革『中国経済国際化のインターフェイスと制度革新に関する国際調査』」(課題番号16252006)平成16~18年度科研費補助金(基盤研究A(2))研究成果報告書 61-79
・2007年 「国際競争戦略の比較分析-ハイアールとレノボ『COEプログラム最終報告論文集 中国発海外直接投資の生成と発展-中国経済研究の新機軸』」, 愛知大学国際中国学研究センター 199-214
・2006年 「共和国成立期における株式会社の試み―投資会社を事例として―」 久保亨編『1949年前後の中国』汲古書院 161-186
・2006年 「国際競争戦略の比較分析-ハイアールとレノボ『2005年度国際シンポジウム論集 現代中国学方法論の構築をめざして(経済編)』」,愛知大学国際中国学研究センター 73-83
・2006年 Trend of Reforming Corporate Governance in East Asia: A Comparative View Discussion Paper. Economic Research Center, School of Economics, Nagoya University (158) 1-25
・2006年 Chinese-style Corporate Governance : the problem of overlapping control by insiders and large shareholders Modern Asian Studies Review(Toyo Bunko) (1) 24-46
・2004年 「中国上場会社のガバナンスの性格と課題」,現代中国 (78) 37-46
・2004年 「深圳証券取引所上場会社のコーポレート・ガバナンス調査分析報告」(翻訳・解題)愛知経営論集 150, 23-44
・2004年 「楽凱フィルム公司 中国の成長企業―中国の地場企業の現状と今後の見通し」(日本貿易振興機構)151-179
・2003年 「国有企業改革の新段階」 季刊 家計経済研究 No.58 Spring
・2003年 「中国的コーポレート・ガバナンス-内部者支配の経営構造」,アジア経営研究 9, 3-14
・2002年 「中国的コーポレート・ガバナンス原則の形成」,経営総合科学(79) 29-53
・2002年 「中国の株式会社におけるインサイダー・コントロール」,愛知経営論集 (145) 37-72
・2001年 「中国上場企業のコーポレート・ガバナンスの現状」,経営総合科学(77) 245-283
・2001年 「中紡公司と国民政府の統制ー国有企業の自立的経営方針とそま挫折― 姫田光義編著『戦後中国国民政府史の研究1945-1949年』」,中央大学出版部 209-234
・2001年 「国有大企業の株式会社化と内部者支配 中国における体制改革と西部大開発」 (国際金融情報センター)32-41
・2001年 「中国上場企業経営者に関する基礎的分析」,経営総合科学(愛知大学経営総合科学研究所)(76) 33-65
・2000年 「国有企業における統治機構の問題-上場企業を事例にして」,中国経営管理研究(1) 10-28
・2000年 「中国上場企業の所有構造」,愛知経営論集(142) 1-30
・2000年 「日系企業経営人材の現地化課題-最近の中国の事例から」,経営総合科学(74) 99-117
・1998年 「中国会社法の歴史的検討-序論 戦前期中国実態調査資料の総合的研究」
・1997年 「中国私営企業の経堂資源分析-資金調達と資金効率」, 愛知経営論集(135-136)
・1996年 「国有企業から会社制へ -現状と課題『中国と東アジア』」,国際善隣協会中国問題研究所(38) 49-79
・1996年 「国有企業の会社制への転換」,日中経協ジャーナル (4月) 1-8
・1996年 「中国の外資導入と日本企業の対中進出」,愛知大学国際問題研究所紀要(105)
・1995年 「中国国有企業の資金調達」,愛知経営論集(133) 71-103
・1995年 「中国国有企業の株式制転換」,国際問題研究所紀要 (103) 27-53
・1995年 「最高権力機構としての人民代表大会:改革とディレンマ」 岡部達味編『グレーターチャイナの政治変容』勁草書房
・1995年 「日中合弁企業の経営摩擦」,衛藤瀋吉先生古希記念論文集編集委員会編『20世紀アジアの国際関係1  中国社会と国際関係』原書房
・1994年 「国有企業改革の現状と課題ー国務院発展研究センター企業部責任者に聞くー」,愛知経営論集 (130) 99-121
・1994年 「国有企業の労働制度改革ー雇用制度改革を中心にー」,愛知経営論集 (131) 1-32
・1994年 資料「国有企業改革の現状と課題ー国務院発展研究センター企業部趙林如氏に聞く」愛知経営論集(130)
・1994年 「中国の私企業経営者と地域特性 近きに在りて」 (26) 3-12 1993年 中国の人民代表大会代表直接選挙(1989-90)にみる政治動向 アジア経済 34(8) 49-68
・1993年 「中国国有企業の経営自主権拡大と課題」,愛知経営論集129,31-62
・1993年 「地方からみた財政請負制の動向」,愛知大学国際問題研究所紀要 99,1-26
・1993年 「中国国有企業の利潤分配改革-『税利分流』の試行」, 愛知経営論集 128,1-34
・1993年 「中国国有企業の経営請負制の動向」,愛知大学国際問題研究所紀要 98,25-56
・1993年 「中国国有企業の『負担』について」,愛知経営論集127,1-28
・1992年 「大戦後の中国綿紡織業と中紡公司」,愛知大学国際問題研究所紀要 97
・1991年 「1980年代の企業指導制度の改革動向」,岡部達味・毛里和子編『現代中国論2 改革・開放時代の中国』日本国際問題研究所
・1990年 「中国企業における指導制度」,毛里和子編『現代中国論1 毛沢東時代の中国』日本国際問題研究所
・1990年 「1989年天安門事件の構造『中国の国内政情と対外関係』」,外務省委託調査報告書、日本国際問題研究所
・1990年 「中国の資本主義観」,小林弘二編『中国の世界認識と開発戦略』アジア経済研究所
・1989年 「中国の対外認識と対外開放政策の展開」,日本国際問題研究所研究報告書
・1989年 「香港の中国返還問題の妥結」,国際年報 23
・1989年 「中国経済の国際化ー対外開放の課題ー『ソ連・東欧経済の国際化』」,外務省委託研究報告書、日本国際問題研究所
・1987年  「戦後中国紡織業の形成と国民政府-中国紡織建設公司の成立過程」,国際関係論研究6
・1987年 「中国東比鉄道におけるソ連邦『包車制』の導入」,アジア研究34(1)
・1987年 「土地改革からみた農村血縁関係」,小林弘二編『中国農村の伝統と変革』アジア経済研究所
・1986年 Japanese Studies on Comtemporary China 1973-1983 Asian Studies in Japan 1973-1983 PartⅡ-14 Centre for East Asian Cultural Studies1-20
・1984年 一長制論再考 高木誠一郎・石井明編『中国政治と国際関係』東京大学出版会 179-210
・1981年 「ソビエト宮僚制と中国共産党-一長制の導入と摩擦」,アジア研究27(4)
・1980年 「中国における土地改革運動1946-1949年ー北方農村社会と革命的指導 『世界史における地域と民衆(続) 」,歴史学研究別冊特集』161-171
・1979年 「内戦期の整党をめぐる華北農村の政治動態(上)(下)」,中国研究 (145,106) 45-62、52-60

学会等報告(講演等含む)

・2012年10月 「中国の経済構成と日中貿易」,NIHUとICCS主催シンポジウム「中国経済と日中相互依存の未来」(愛知大学)
・2012年6月 張家銘報告「社会資本と文化資本」へのコメント,国際シンポ「民主と両岸関係についての東アジアの観点」(愛知大学)
・2010年 「中国企業の対外進出と東南アジア」地域研究コンソーシアム共同企画シンポジウム ASEAN・中国19億人市場の誕生とその衝撃 」愛知大学
・2010年 「中国経済の対外拡張と中国企業」愛知大学ICCS国際ワークショップ、愛知大学

書評

・2014年 楊秋麗著『中国大型企業の経営改革システム改革―中国石油天然ガス集団公司を中心として』晃洋書房 立命館 国際地域研究 (39) 193-197 2013年 冨澤芳亜・久保亨・萩原充編著『近代中国に生きた日経企業』大阪大学出版会 現代中国研究 (33) 148-154
・2010年「大橋英夫・丸川知雄著『中国企業のルネサンス』岩波書店」『アジア研究』56巻1・2号、86-90頁
・2008年「今井健一・渡邊真理子著『企業の成長と金融制度』(名古屋大学出版会)」 アジア経済 49(1) 73-77
・2006年 加藤弘之・上原一慶編著『中国経済論』『現代中国研究』(82)
・2004年 西川博史等編著『中国の中小企業改革の現状と課題』 『歴史と経済』 (82)
・1996年 木崎翠『現代中国の国有企業ー内部構造からの試論』アジア政経学会 アジア経済 37(11)
・1994年 岡部利良『旧中国の紡績労働研究』 経済研究(一橋大学経済研究所)45(4)
・1993年 井尻秀憲『現代アメリカ人と中国』ミネルヴァ書房 アジア経済34(7)
・1988年 池田誠編『抗日戦争と中国民衆-抗日ナショナリズムと民主主義』アジア経済 29(12)
・1985年 Lloyd Eastman, Seeds of Destruction: Nationalist China in War and Revolution 1927-1949, Stanford Univ.Press アジア経済 26(12) 73-77
・1985年 Ch'i Hsisheng, Nationalist China at War: Military Defeats and Political Collapse 1937-45, Univ. of Michigan Press  近きにありて (7) 67-73
・1986年 小島朋之『中国政治と大衆路線』慶応通信 アジア経済 27(8) 101-105

研究プロジェクト

・2008-2010年 科研費補助金(基盤研究B2「海外経営における企業間関係とネットワ-日中企業比較」研究代表
・2004-2006年 科研費補助金(基盤研究A「中国国際経済化のインターフェイスと制度革新」研究代表
・2003-2008年 東洋文庫現代中国研究班「現代中国経済の歴史的研究」

所属学会

中国経済学会(理事)、中国経営管理学会(理事)、アジア経営学会、アジア政経学会、日本現代中国学会、日本比較経営学会、日本経営学会