中岡 まり(NAKAOKA Mari)

常磐大学国際学部准教授。専門は現代中国政治論。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程を単位取得退学。駐香港日本国総領事館専門調査員、横浜市立大学非常勤講師を経て、2003年4月より現職。

論文

2012年 「基層社会と共産党-上海市民意識調査から」、菱田雅晴編著『中国共産党のサバイバル戦略』、三和書籍、2012年。
2011年「中国地方人民代表大会選挙における「民主化」と限界-自薦候補と共産党のコントロール」、『アジア研究』、第57巻第2号(2011年)、1~18頁。<査読あり>
2010年 南裕子・中岡まり「構造変動期の党政エリートと地域社会-四川省SH県におけるアンケート調査から」、菱田雅晴編『中国-基層からのガバナンス』、法政大学出版局(2010)、73~98頁。
2009年 南裕子・中岡まり「結構変動期的党政精英与区域社会-基于在四川省SH県進行的問巻調査」、『社会学評論』2009年第1期、湖北人民出版社(2009年)、82~102頁。<査読あり>
2007年「日本の戦後賠償・補償問題」、家近亮子・松田康博・段瑞聡編『岐路に立つ日中関係』、晃洋書房(2007年)、86~108頁。
2006年 「以組織部門的視点透視郷村治理」、『山西師範大学報』2006年第33巻第1期(2006.01.25)、23~28頁。<査読あり>
2001年「中国共産党政権の正当性の強化-1956年北京市第2期人民代表大会選挙を例として」、『法学政治学論究』第51号(2001年冬季号)、131~163頁。<査読あり>
2000年「農村における民主法制建設-村民委員会を中心に」
天児慧・菱田雅晴編『深層の中国社会』、勁草書房(2000年)、44~84頁。
1998年「中国共産党による政権機関の建設-建国初期の北京市を例として」
『法学政治学論究』第36号(1998年春季号)、149~191ページ。<査読あり>

共著(他者の編集に寄稿したもの)

2008年 「中央・地方政治組織」(第1編第3章)
中国総覧編集委員会・編『中国総覧 2007~2008年版』、ぎょうせい(2008年)。
2006年 「中央・地方政治組織」(第1編第3章)
中国総覧編集委員会・編『中国総覧 2005~2006年版』、ぎょうせい(2006年)、21~27頁。
2006年 「農村政治」
国分良成編『中国の統治能力-政治・経済・外交の相互連関分析』、慶應義塾大学出版会(2006年)、121~132頁。
2005年 「一党支配下の権力構造」
家近亮子・唐亮・松田康博編『5分野から読み解く現代中国』、晃洋書房(2005年)、66~79頁。
2004年 「中央・地方政治組織」(第1編第3章)
中国総覧編集委員会・編『中国総覧 2004年版』、ぎょうせい(2004年)、20~27頁。
2004年 波多野勝・清水麗・飯森明子・中岡まり編『日中友好議員連盟関係資料 上村幸生文書-会談記録・メモランダム』、現代史料出版(2004年)

研究ノート

2009年 「人代選挙制度と和諧社会の建設~北京市(区・県級)を例として」、『常磐国際紀要』第13号(2009年3月)。

書評

2006年 「加茂具樹著『現代中国政治と人民代表大会-人代の機能改革と「領導・被領導」関係の変化』、アジア政経学会『アジア研究』第52巻第4号(2006年10月)
1999年 「趙宏偉著『中国の重層集権体制と経済発展』」、日本国際政治学会『国際政治』第120号(1999年)

学会報告

2002年 「中国共産党による政治秩序の形成-1950年代の北京市人民代表大会選挙を例として」、2002年度アジア政経学会東日本大会(2002年)
2002年 「基層自治をめぐる党政関係-村民委員会と村党支部」、現代中国基層自治国際シンポジウム(静岡県立大学)、中国基層自治研究会主催(2002年)
2004年 「組織部門から見た郷村治理」、グローバリゼーションの過程における中国内陸地域の経済発展に関する国際シンポジウム(中国四川省)、神戸大学・四川省社会科学院主催(2004年)
2005年 「人代選挙制度と和諧社会の建設~北京市(区・県級)を例として」、「和諧」社会のガバナンス(領導の方式と執政の方式の改革と改善』に関する日中共同研究」、慶應義塾大学主催(2005年)
2006年 「党政エリートと民衆の関係からみた県レベルにおける地域統合について-四川省射洪県におけるアンケート調査から-」、国際シンポジウム「“自律化社会”のガバナンス;グラスルート中国の変容と政治的レスポンス」、法政大学中国基層政治研究所主催(2006年)
2008年 「農村共同体与村級組織的関係与経済発展」、国際ワークショップ「中国西北および西南地域における貧困」、青山学院大学・雲南省社会科学院社会学研究所主催(2008年3月)
2008年 「村民委員会・村党支部対農村経済発展的作用-雲南省南華県問巻調査為事例」、国際ワークショップ「中国西部地区農村的貧困問題研討会」、青山学院大学・甘粛省社会科学院社会学研究所主催(2008年12月)
2009年 「基層党員と大衆における党の存在-上海市民調査から」共同(南裕子・一橋大学准教授/陸麗君・華東理工大学副教授)、アジア政経学会全国大会(2009年10月10日)
2009年 「中国共産党と人民代表大会選挙-区・県級直接選挙における「自薦候補者」の意味」、日本国際政治学会2009年度大会、(2009年11月8日)
2012年 “Roles of the People’s Congress under the Authoritarian Regime-From Acquiring Legitimacy of Control to Expressive Interests”:SMU-Keio Workshop on Chinese Politics-Political Participation in Contemporary China (2012年1月6日)

研究プロジェクトへの参加

2011~2013年 科学研究費補助金基盤(C)「中国共産党と人民代表大会選挙制度の変革-2011年選挙の実証研究」研究代表者
2011~2014年 科学研究費補助金基盤(A)「中国共産党に関する政治社会学的実証研究-中南海研究(Ⅱ)」(法政大学菱田雅晴)研究分担者
2010~2012年 科学研究費補助金基盤(A)「調和社会の政治学」(東京大学高原明生)研究分担者
2008~2009年 科学研究費補助金基盤(A)「ボトムアップの政治改革」(東京大学高原明生)研究分担者
2008年 科学研究費補助金基盤(A)「中国農村における貧困発生メカニズムとその対策に関する社会経済的研究」(青山学院大学中兼和津次)研究協力者
2007~2009年 科学研究費補助金基盤(A)「中国共産党に関する政治社会学的実証研究」(法政大学菱田雅晴)研究分担者
2005年 財団法人国際経済交流財団「中国の統治能力」(慶應義塾大学国分良成)分担者
2005年 外務省日中知的交流支援プログラム「「和諧社会」の統治」(慶應義塾大学小島朋之)分担者
2004~2007年 科学研究費補助金基盤(A)「中国農村における貧困発生メカニズムとその対策に関する社会経済的研究」(青山学院大学中兼和津次)研究分担者
2003~2006年 科学研究費補助金基盤(B)「現代中国における社会の自律性に関する学術調査」(法政大学菱田雅晴)研究分担者