中国が周辺国および世界全体に対する影響力を強めるに伴い、中国政治の実態、発展方向、およびそれが世界に与 えうる影響は、それらが途方もない数の人々の運命に関わるだけに、ますます重要な研究対象となっている。
 慶應義塾大学は、これまで(1)東アジア研究所やグローバルセキュリティ研究所(G-SEC)などにおける学際的およ び国際的共同研究、(2)三田の法学部政治学科を中心とした長年に渡る現代中国研究の実績、(3)日本最初の政策 志向学部である総合政策学部の設置、(4)「魅力ある大学院イニシアティブ」による東アジア専修ユニットの開設など により、中国政治・外交に関わるさまざまなテーマの研究と教育を行ってきた。
 こうした背景のもと、現代中国研究センターは、2007年に東アジア研究所内に設置された。本学において、主として 現代中国を対象とする研究機関はここのみであり、そのような存在として学内に広く認知され、また上位機関である東アジア研究所などによる支援体制が構築されてきた。さらにいえば、本センターの設立に触発されて、同研究所内に現 代韓国研究センターも設置された。
 第2期プロジェクトにおいては、第1期の成果を踏まえて、現代中国研究センターをたんに存続可能な研究機関とす るだけでなく、名実ともに国内外の現代中国政治・外交研究の拠点とすべく、国際的な研究ネットワークの拡充、センターの中心的成果となった東アジア研究所現代中国研究シリーズの継続的な刊行、および新たな課題を発見しそれ に取り組む能力をもつ若手研究者の育成に努めていきたい。

高橋 伸夫 TAKAHASHI Nobuo
慶應義塾大学 Keio University

添谷 芳秀 SOEYA Yoshihide
慶應義塾大学 Keio University

安田 淳 YASUDA Jun
慶應義塾大学 Keio University

林 秀光 LIN Xiuguang
慶應義塾大学 Keio University

小嶋 華津子 KOJIMA Kazuko
慶應義塾大学 Keio University

加茂 具樹 KAMO Tomoki
慶應義塾大学 Keio University

江藤 名保子 ETO Naoko
慶應義塾大学/人間文化研究機構 Keio University/NIHU

高橋 伸夫 TAKAHASHI Nobuo

添谷 芳秀 SOEYA Yoshihide

安田 淳 YASUDA Jun

田島 英一 TAJIMA Eiichi
慶應義塾大学 Keio University

林 秀光 LIN Xiuguang

磯部 靖 ISOBE Yasushi
慶應義塾大学 Keio University

小嶋 華津子 KOJIMA Kazuko

加茂 具樹 KAMO Tomoki

神保 謙 JIMBO Ken
慶應義塾大学 Keio University

島田 美和 SHIMADA Miwa
慶應義塾大学 Keio University

浅野 亮 ASANO Ryo
同志社大学 Doshisha University

高橋 祐三 TAKAHASHI Yuzo
東海大学 Tokai University

星野 昌裕 HOSHINO Masahiro
南山大学 Nanzan University

中岡 まり NAKAOKA Mari
常磐大学 Tokiwa University

阿南 友亮 ANAMI Yusuke
東北大学 Tohoku University

鈴木 隆 SUZUKI Takashi
愛知県立大学 Aichi Prefectural University

兪 敏浩 YU Minhao
名古屋商科大学 Nagoya University of Commerce and Business

王 雪萍 WANG Xueping
東京大学 University of Tokyo

福田 円 FUKUDA Madonna
国士舘大学 Kokushikan University

江藤 名保子 ETO Naoko

徐 顕芬 XU Xianfen
華東師範大学 East China Normal University