高原 明生(TAKAHARA Akio)

東京大学大学院法学政治学研究科教授。東京大学法学部卒、サセックス大学にて修士号および博士号取得。在香港日本国総領事館専門調査員、桜美林大学助教授、立教大学教授等を経て2005年より現職。在中国日本大使 館専門調査員、英国開発問題研究所理事、ハーバード大学客員教授、アジア政経学会理事長などを歴任。現在、香港中文大学中国研究服務 中心諮問委員会委員、新日中友好21世紀委員会委員(日本側秘書長)、東京財団上席研究員などを兼任。

著 書・編書

・The Politics of Wage Policy in Post-Revolutionary China, London and Basingstoke, The Macmillan Press, 1992.
・ 『「中国」の時代』(共著)、三田出版会、1995年8月(共著者:小島朋之、高井潔司、阿部純一)。
・ 『毛沢東、鄧小平そして江沢民』(共著)、東洋経済新報社、1999年(共著者:渡辺利夫、 
 小島朋之、杜進)。
・『平和・コミュニティ叢書1 東アジア安全保障の新展開』(共 編書)、明石書店、2005年(共編者:五十嵐暁郎、佐々木寛)。
・『現代アジア研究1 越境』(共編書)、アジア政経学会監修、慶應義塾大学出版会、2008年(共編著者:田村慶子、佐藤幸人)。
・『日中関係史1972―2012 Ⅰ 政治』(共編書)、東京大学出版会、2012年(共編者:服部龍二)。

監修書

・高原明生・大橋英夫・園田茂人・茅原郁生・明日香壽川・柴田明 夫監修『10年後の中国: 65のリスクと可能性』、講談社、2011年。

監訳書

・歩平編集代表/高原明生監訳『中日関係史1978-2008』、東京大学出版会、2009年。


東京大学公共政策大学院 教員紹介