厳 善平(YAN Shanping)

1963年中国安徽省生まれ。1984年南京農業大学農業経済学系卒。1991年京都大学大学院博士課程修了、農学博士。桃山学院大学経済学部教授を経て、2011年4月より同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。中国華東理工大学客員教授。近著に『中国農民工の調査研究――上海市・珠江デルタにおける農民工の就業・賃金・暮らし』(晃洋書房、2010年)、『叢書中国的問題群7 農村から都市へ――1億3000万人の農民大移動』(岩波書店、2009年)、『中国の人口移動と民工――マクロ・ミクロ・データに基づく計量分析』(勁草書房、2005年)、『シリーズ中国経済2 農民国家の課題』(名古屋大学出版会、2002年)などがある。地域農林経済学会賞(1994年)、日本農業経済学会奨励賞(1998)、日本農学進歩賞(2002年)、大平正芳記念賞(2010年)受賞。

【業績】

2012年 『現代中国農家の人口と労働――農家調査のミクロ・データに基づいて
(WICCS研究シリーズ7)』早稲田大学現代中国研究所
2010年 『中国農民工の調査研究――上海市・珠江デルタにおける農民工の就業・賃金・
暮らし』晃洋書房
2009年 『叢書・中国的問題群7農村から都市へ――1億3000万人の農民大移動』岩波書
店
2008年 『現代アジア研究3 政策』慶応義塾大学出版会
2005年 『中国の人口移動と民工――マクロ・ミクロ・データに基づく計量分析』勁草
書房
2002年 『シリーズ現代中国経済2 農民国家の課題』名古屋大学出版会
1997年 『中国農村・農業経済の転換』勁草書房
1997年 『城市現代化管理研究論叢第1巻 日本経済中的政府与企業』(中国語)上海遠東出
版社
1992年 『中国経済の成長と構造』勁草書房
1992年 『現代中国農村の社会と経済(現代中国研究叢書29)』アジア政経学会

論文

2012年 「中国動態・尖閣国有化は中国人の『感情記憶』を刺激した」『週刊・東洋経
済』2012年10月6日 pp.102-103
2012年 「『中国は人手不足』のウソ 農村には余剰労働力がある」『週刊・東洋経
済』2012年9月29日 pp.60-61
2012年 「中国動態・次期指導部は博士の集団 変わる中国の指導者像」『週刊・東洋
経済』2012年9月1日 pp.122-123
2012年 「第3章 農民工――定住か、それとも帰郷か?」毛利和子・園田茂人編
『キーワードで読み解く 中国の近未来』東京大学出版会 pp.
2012年 「第7章 中国の三農問題と都市農村格差」横田伸子他編『東アジアの格差社
会』御茶の水書房 pp.115-129
2012年 「中国動態・『爆食』は脅威にあらず 食糧自給の可能性は高い」『週刊・東
洋経済』2012年7月21日 pp.102-103
2012年 「第1章 労働需給と賃金上昇――現状と展望」渡辺利夫監修・大橋英夫編
『変貌する中国経済と日系企業の役割』勁草書房 pp.3-25
2012年 「中国動態・『成長のための成長』が限界を迎えた中国経済」『週刊・東洋経
済』2012年6月16日 pp.110-111
2012年 「最新の上海市人口統計からみる二重社会構造」『東亜』6月号 No.540
pp.90-100
2012年 「中国動態・大学も大衆化時代 経営難で自転車操業も」『週刊・東洋経済』2012年5月12日 pp.110-111
2012年 「第3章 流動人口の住宅問題:上海市の事例を中心に」『中国都市部の不動産
バブルの発生メカニズム』(iCSEAD調査報告書11-02 )pp.35-55
2012年 「第10章 農村労働市場の基本構造」(小原江里香と共著)加藤弘之編『中国の都
市化と産業集積――長江デルタで何が起きているか』勁草書房 pp.215-234
2012年 「第12章 持続的経済成長は可能か? エネルギー・環境・人口・食料」南亮
進・牧野文夫編『中国経済入門 第3版』日本評論社 pp.249-247
2012年 「改革開放三十年上海市的外来人口和農民工動態研究:基於問巻調査数据的実証分
析」『城郷規画』第4号 (復旦規画建築設計研究院 中国語) 、91-100頁
2012年 「中国における経済成長と農業の構造転換」『農林業問題研究』第47巻第4号、
21-28頁
2012年 「中国動態・『公平な市場』を掲げた世銀報告書が意味するもの」『週刊・東
洋経済』2012年3月31日、142-143頁
2012年 「中国動態・中国は少子高齢化を乗り越えられるか」『週刊・東洋経済』2012
年2月13日、136-137頁
2012年 「温州モデルのいま」『アジ研ワールド・トレンド』「特集・中国の都市化と産業集積」20-23頁
2012年 「書評・馬欣欣『中国女性の就業行動――「市場化」と都市労働市場の変
容』」『アジア経済』第52巻第1号、59-62頁
2012年 「中国動態・高成長を実現させた共産党の意外な柔軟性」『週刊・東洋経済』
2012年1月21日、96-97頁
2011年 「中国動態・増加する中間層は社会変革を担えるか」『週刊・東洋経済』2011年12月10日、128-1頁
2011年 「中国動態・『自由と平等』の隣国、中国はインドに学べ」『週刊・東洋経済』2011年11月5日、128-129 頁
2011年 「中国動態・食糧は足りているのか、信頼性を欠く農業統計」『週刊・東洋経済』2011年10月1日、128-129頁
2011年 「このままでは豊かになる前に衰退、見直し必要な中国の一人っ子政策」『週刊・エコノミスト』2011年9月27日、72-74頁
2011年 「中国大城市労働力市場的結構転型」『管理世界』(国務院発展研究中心 中国語)2011年第9期、53-62頁
2011年 「中国動態・個人所得税法が改正、格差解消に踏み込まず」『週刊・東洋経済』2011年8月27日、112-113頁
2011年 「中国動態・進学率は向上したが、大都市優遇は変わらず」『週刊・東洋経済』2011年7月16日、114-115頁
2011年 「中国動態・急ピッチで進む高齢化、一人っ子政策は限界」『週刊・東洋経済』2011年6月11日、102-103頁
2011年 「中国動態・空回りする『腐敗防止』 高まる国民の不満」『週刊・東洋経済』2011年4月30日、100-101頁
2011年 「中国動態・国民皆年金がスタート 少子高齢化で前途多難」『週刊・東洋経済』2011年3月19日、94-95頁
2011年 「中国動態・労働力不足の真因は制度の欠陥にあり」『週刊・東洋経済』2011年2月12日、100-101頁
2011年 「中国動態・不平等な1国2戸籍 二重構造の解消を急げ」『週刊・東洋経済』2011年1月8日、98-99頁
2011年 「上海市就業調査にみる二重労働市場の変容」『桃山学院大学総合研究所紀要』第36巻第2号 、1-17頁

【受賞】
第26回大平正芳記念賞(2010年)
第1回日本農学進歩賞(2002年)
日本農業経済学会奨励賞(1998年)
地域農林経済学会賞(1994年)

【科研費】
1.中国の労働移動と労働市場に関する調査研究-中国経済はルイスの転換点を超えたか(代
表者) 基盤研究(C)(一般) 2008
2.中国における労働移動と経済発展に関する計量分析(代表者) 基盤研究(C)(一般) 2002
3.中国における食料の総合供給能力と長期需給展望に関する国際共同研究 (代表者) 基盤研
究(B)(一般) 2000
4.中国の大都市における出稼ぎ労働者の形態と労働市場の構造(代表者) 若手研究(A)
 1998
5.中国における郷鎮企業の地域的不均衡成長と地域格差に関する実証研究(代表者) 若手研究(A) 1996
6.中国における郷鎮企業の発展と地域的不均衡成長(代表者) 若手研究(A) 1995

【所属学会】
アジア政経学会:評議員1994年~2005年。国際交流担当理事2005年11月~2009年10月。研究担当理事2009年11月~2011年10月。 理事2011年11月~2013年10月。
中国現代史研究会
中国経営管理学会:理事2001年~2006年, 2009年~2014年
中国経済学会:学会誌編集委員2003年~2012年。理事2008年6月~2010年5月。理事・学会誌編集委員長2010年6月~2014年5月。
地域農林経済学会:学会誌編集委員1997年~1998年、2001年~2004年、2008年~2012年。企画担当常任理事2010年~1012年。
日中関係学会:理事2006年~2008年、2008年6月~2014年5月。
日本現代中国学会:理事2006年~2008年、2008年11月~2010年10月。常任理事・学会誌編集委員長2010年11月~2012年10月。
日本農業経済学会:常務理事2006年~2008年。
東アジア地域研究会
比較経済体制学会

個人ホームページ